ビート BEET アルフィンカバー 全年式 ゼファーX、ゼファー400 白 0403-K24-05 HD店












ホイール仕上がり:グロス / ホイールベアリング:セラミック
ホイール仕上がり:マット / ホイールベアリング:スチール
ホイール仕上がり:マット / ホイールベアリング:セラミック

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
APR02BOOST

■商品概要
フロントホイール(17×3.5):FA70350311
リアホイール(17×6.0):RA70600714
エアバルブカラー:シルバー
素材:3成分複合材(カーボン-エポキシ-ステンレス)、カーボンファイバー
付属品:ホイールスペーサー等
【仕様】
・JWL dotE 認定
・安全規格JASO T203-85
【最大静荷重】
・フロント:180kg
・リア:280kg
【重量】
・フロント:2.58kg
・リア:4.11kg
最大使用温度:100度
最大空気圧:400kpa

ホイールベアリング:スチール ホイール仕上がり:グロス

■適合車種
▼APRILIA
RSV1000R
Tuono V4 1100

■詳細説明
【ROTOBOX カーボンファイバーホイール】
ホイールの重量はバイクの運動性能に大きく関与します。
ROTOBOXカーボンホイール BOOSTは軽量かつ強靭なカーボンファイバー製のホイール。
純正装着ホイールに比べて約40%軽量。(車両によって異なります。)
剛性バランスも見直され、ハンドリング、ブレーキング、加速、どれをとっても最高のパフォーマンスを発揮します。
BMW S1000RR の場合前後で
・純正:11.7kg・ROTOBOX:6.69kg(42.8%軽量)
DRIVEN製スプロケットをオプション設定。(ブラック、レッド、ブルー、ゴールド)
520サイズ→ 39-51T
525サイズ→ 39-51T
530サイズ→ 39-49T
【グロスとマット、選べるフィニッシュ】
フィニッシュのクリア塗装は光沢(グロス)か、オプションでつや消し(マット)の選択が可能。
どちらも傷、へこみ、紫外線からの最高レベルの保護を保証します。
グロスフィニッシュはカーボン模様がはっきりとし、マットフィニッシュは落ち着いた自然な外観になります。
【カーボンファイバーフィーバー】
軽量、高剛性、優れた強度、そして人目を引くデザインは、オートバイ業界でカーボンファイバーの使用が増え続けている明白な理由です。
カーボンファイバーホイールは、オートバイの総合性能(ハンドリング、ブレーキングから加速まで)を大幅に向上させるための最も重要な要素の1つです。
業界初の3成分複合材(カーボン - エポキシ - ステンレス)とその独自の一体型中空カーボンキャスト構造により、ROTOBOXは業界全体の品質と製造基準を再定義しています。
カーボンファイバーホイールの革新の最前線に置きます。
【レーストラックにインスパイアされたデザイン】
ROTOBOXホイールの外観は、一般的な設計ガイドラインに妥協することなく、可能な限り最高のパフォーマンスと安全性を実現するという哲学によって決定されます。
カーボンファイバーコンポジットの利点を最大限に生かし、既知の欠点をすべて減らすために、プロのテストチームYART(ヤマハオーストリアレーシングチーム)の経験と専門知識をホイール設計に取り入れています。
結果はスポークであり、実質的に広い領域でリムに適合します。
【UV保護コーティング】
特殊なUV保護クリアコーティングは非常に薄いながらも放射線からカーボンホイールを保護。
明確で滑らかなリム表面を実現。
【高品質なセンター部パーツ】
各モデルに合わせたハブは、航空業界で使用される高品質の7075 T6アルミニウム合金からCNC加工にて製作、カーボンリムに恒久的に組み立てられています。
ROTOBOXホイールは、各モーターサイクルモデル専用に設計されており、OEMホイールのからボルトオンで交換出来ます。
クッションドライブ、スプロケットキャリア、スペーサー、ベアリングが付属し、ベアリングはスチールかオプションでセラミックも選択できます。
※スプロケットは専用品が必要です。
【高圧コア】
この新技術は、高密度で非常に高い精度での製造を可能にしました。
ホイール表面はより滑らかになり、ホイールは水密となりました。
【より細くなったスポーク】
新しいエレガントなスポークデザインは空力と重量の改善をもたらします。
スポークはより細くなりましたが、BOOSTは強靭さも改善。
許容最大静荷重はリアで280kg、フロントで180kgです。
【三種類の複合材料】
カーボン、エポキシ、ステンレスを組み合わせたROTOBOX独自の3成分複合材料を使用して製造されています。
2.5 mmのステンレス鋼線はリムの各側面に組み込まれており、最も重要な外側部分での耐衝撃性が向上しています。
【構造リブ】
高圧コア技術のおかげで、構造リブはスポークの間の内側に配置され、ホイールの応力ホットスポットを支えるという使命があります。
結果として、BOOSTのエレガントなスポークデザインはより大きな剛性をもたらしました。
スポークはより薄くなりましたが、BOOSTはこれまでよりも強いホイールとなりました。
・ワンピース中空カーボンキャスト
ROTOBOXは、カーボン、エポキシ、ステンレスを組み合わせたユニークな3成分複合材料を開発・使用する世界初、そして現在でも唯一のカーボンファイバーホイールメーカーです。
複合材ももちろんですが、ワンピースの中空カーボンキャスト製造プロセスも斬新です。
いくつかの異なるタイプのCNCテーラードカーボン生地を、手作業にて成形金型に配置します。
耐衝撃性を高めるため、リムの両側にステンレス製の2.5 mm鋼線が追加されています。
次に、液体エポキシ樹脂が、非常に高い圧力の下で、密封され焼き戻されたツールに注入されます。
一体型の中空カーボンキャストを製造するこのプロセスは、特別な高圧レジントランスファーモールディング(RTM)技術を応用したものです。
生産プロセスの継続的な品質、安全性、精度を確保します。
【安全第一】
ホイールは、JWL dotE 認定の安全規格JASO T203-85に準拠しています。
【テストラボ】
安全が最優先事項であるため、ROTOBOXテストラボを設置して、製品の品質を常にチェックおよび改善しています。
【ラジアルファティックテスト】
このテストの目的は、リムとハブの耐久性を確認することです。
この目的のために、ドラムはホイールを80km/hの一定速度で回転させながら、垂直荷重を加えます(フロント:340kg/リア:560kg 最低500.000サイクル)。
【トーションファティックテスト】
このテストの目的は、スポークとハブの耐久性を確認することです。
このため、ホイールはサポートに固定され、ハブの接触面にはねじりモーメント(フロント:442Nm/リア:790Nm、最低100.000サイクル)を加えます。
【コーニングファティックテスト】
このテストの目的は、リムとハブの耐久性を確認することです。
この目的のために、ホイールは回転ディスクに固定されており、一定の速度で回転しながら、ホイールの中心に曲げモーメント(フロント:217Nm/リア:387Nm、最低100.000サイクル)を加えます。
【インパクトテスト】
このテストの目的は、タイヤの空気保持性とリム、スポーク、ハブの強度を確認することです。
重量(フロント:225kg/リア:375kg)のストライカーを150mmの高さからホイールに落とし、衝撃荷重を加えます。

■注意点
※【取り付けに必要なもの】
・STDと同一ディメンジョンのためブレーキディスクはそのまま使用可能です。
・ホイールスペーサー等も付属しますがスプロケットは専用品が必要です。
・Marchesini TYPE A と同一仕様(5穴/内径76mm/PCD100mm)
※本商品はレーシングパーツです。JWL認証は取得していますが、各車検場の検査官判断にもよるため車検に通過することを保証はいたしませんのでご注意ください。

本物 カーボンホイールセット BOOST ホイール本体 ロトボックス ROTOBOX ホイールベアリング:スチール 1100 V4 Tuono RSV1000R ホイール仕上がり:グロス-スイッチ

本物 カーボンホイールセット BOOST ホイール本体 ロトボックス ROTOBOX ホイールベアリング:スチール 1100 V4 Tuono RSV1000R ホイール仕上がり:グロス-スイッチト

本物 カーボンホイールセット BOOST ホイール本体 ロトボックス ROTOBOX ホイールベアリング:スチール 1100 V4 Tuono RSV1000R ホイール仕上がり:グロス-スイッチ

本物 カーボンホイールセット BOOST ホイール本体 ロトボックス ROTOBOX ホイールベアリング:スチール 1100 V4 Tuono RSV1000R ホイール仕上がり:グロス-スイッチ